| main |

スポンサーサイト

  • 2007.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


さだまさし「償い」

最近のニュースって、誰かが謝ってばかり。こういう事件があると、わたしはいつもさだまさしの「償い」を思い出します。

月末になると ゆうちゃんは薄い給料袋の封も切らずに
必ず横町の角にある郵便局へ飛び込んでいくのだった
仲間はそんな彼を見てみんな「貯金が趣味のしみったれた奴だ」と
飲んだ勢いであざ笑ってもゆうちゃんはニコニコ笑うばかり

僕だけが知っているのだ
彼はここへ来る前に たった一度だけ
たった一度だけ哀しい過ちを犯してしまったのだ
配達帰りの雨の夜 横断歩道の人影に
ブレーキが間に合わなかった彼は その日とても疲れてた

「人殺し あんたを許さない」と
彼をののしった被害者の奥さんの涙の足元で
彼はひたすら大声で泣きながら
ただ頭を床にこすりつけるだけだった

それから彼は人が変わった
何もかも忘れて 働いて 働いて
償いきれるはずもないが せめてもと
毎月あの人に仕送りをしている

今日ゆうちゃんが僕の部屋へ泣きながら走り込んできた
しゃくりあげながら 彼は一通の手紙を抱きしめていた
それは事件から数えてようやく七年目に初めて
あの奥さんから初めて彼宛に届いた便り

「ありがとう あなたのやさしい気持ちはよくわかりました
だからどうぞ送金はやめて下さい
あなたの文字を見るたびに 主人を思い出して辛いのです
あなたの気持ちはわかるけど
それよりどうか もうあなたご自身の人生を
もとに戻してあげて欲しい」

手紙の中身はどうでもよかった
それよりも 償いきれるはずもないあの人から
返事が来たのが ありがたくて ありがたくて
ありがたくて ありがたくて ありがたくて

「神様」って思わず僕は叫んでいた
彼は許されたと思っていいのですか
来月も郵便局へ通うはずの
やさしい人を許してくれて ありがとう

人間って哀しいね
だって みんなやさしい
それが 傷つけあって かばいあって
なんだかもらい泣きの涙が とまらなくて
とまらなくて とまらなくて とまらなくて
      (さだまさし「償い」)

思わず全部書いてしまいました。こういう気持ちや、こういうやさしさこそ人間として大切ですよね。
うろ覚えですが、確かこの曲は何かの裁判で裁判長が「この曲を聴きなさい」と加害者に言ったことがあったような気がします。もちろん私だって第三者ですが、人間として大切なものをなくしたくないですよね。こんな世の中だからこそ。

スポンサーサイト

  • 2007.12.01 Saturday
  • -
  • 21:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM